東京おもちゃショー2017

IMG_6268.JPG

今年はちょっと早目の開催、おもちゃショー2017。いってまいりました。
 
ところで日曜にいったんですが、国際展示場まで駅からいく途中でエチオピアフェスティバルってのもやってまして。
ふらふらよってみたらモカハイなるエスプレッソとソーダとウイスキーをブレンドしたステキノミモノが売られてたので思わず所望。
そうしましたら多分半分近くがウイスキーと思われるハイなイカした飲料がでてきまして。
エチオピアすげえ。堪能。

あー、えーと、閑話休題。
今年の会場は毎年の西館でなく東館でした。
会場入って真正面がカワダブース。なんていい配置。

IMG_6271.JPG

ブースの1/4がnanoblockエリア。力はいってます。

IMG_6273.JPG

シブヤピクセルアートとotona nanoの紹介。
ピクセルアートはこの犬に名前つけるとマスコットのナノブロックプレゼント、とかやってたようです。
otona nanoはまずは6/8~6/28の間、東武百貨店池袋店の催事場にて期間限定ショップとして開催の模様。

IMG_6276.JPG

入口前でキリンの親子がお出迎え。さらっと通っちゃうんだけどなかなか力作。

IMG_6277b.jpg

入口すぐに体験コーナー。お子様たちが熱心にあそんでてよきかなよきかな。
あ、右のほうは撮影禁止コーナーで、商品化予定のアワード作品(ビルダー作品)、光ファイバー的なパーツ、専用パーツケースが並んでました。
撮影禁止だったのとモカハイの影響で正式名称がさっぱり思い出せませんが・・・

商品化予定のものは
にしやんさんの「天体望遠鏡」
くらさんの「消火器」
兼松さんの「納豆」
Motonariさんの「ツバメの巣」
が並んでました。

光ファイバー的なのは、LEDプレートにつければ光るムーバブルなプラ棒みたいのがでてるパーツ。
ビームサーベルとかライトセイバーとかできるし囲ってうまいことすれば電飾可能。
色設定可能なLEDプレートを切に願うところですね。

専用パーツケースはそこそこ大きかったです。握って持ち運べるような穴があって中は17個に仕切られてました。仕切りは可変かも。
コンセプト的にはこれに所有パーツ全て収納しようとかいうものではなく、きっと多分アレだ、収納できるだけのパーツをいれて持ち歩き、ビルダー同士が出くわしたときに即興で組み立てあうナノブロックデュエルとかするためのものだ、きっと。
うん、多分。

IMG_6278.JPG

だんだん妄想領域になってきたので妄想ではないものに戻ります。
nanoblock AWARD 2017の開催が発表されていました! 今年、入口周辺濃すぎるな。
部門は去年同様Nanoblock+部門、Under200pcs部門、No limit部門の3部門。増える可能性はありますが去年は増えませんでしたね。
期間は7月下旬~9月下旬を予定しているようです。

サボロー160415.jpg

まだまだ時間あるみたい。
 

IMG_6294.JPG

展示のほうは今年はジオラマいろいろと。かなりすごかったです。かなり金かかってるようです。
でかいジオラマの他に、ミニシリーズ紹介なんかもジオラマに。

IMG_6296.JPG

ポケモンシリーズ
コイキング・・・

IMG_6299.JPG

動物シリーズ
さすがにグリズリーなんかはいられなかった模様

IMG_6302.JPG

フードシリーズ
スープ。。。いやこういうの好きだけど。。。

IMG_6306.JPG

I’mドラえもんシリーズ
かわいいジャイアン。スネ夫もよくできています。

IMG_6309.JPG

コラボ商品の紹介なんかも。
室町スピード印刷さんのシリーズけっこう好き。

IMG_6312.JPG

そして新製品コーナー。

IMG_6314.JPG

まずはクリスマスモノ。今年はトナカイつきのサンタクロース。ディスプレイアームがいいかんじ。
テディベアもなかなかいいですね。

IMG_6315.JPG

ポケモンシリーズ。ピチュー、ヒノアラシ、チコリータ、ワニノコ。
まったくしらないヤツラだ。

IMG_6318.JPG

ジオラマにもあったドラえもんシリーズ。
ドラミちゃんの目のトコのクリアパーツ、ドラえもんのヒゲとおなじ解釈の表現の仕方ですな。

IMG_6322.JPG

電車でGOコラボのナノゲージシリーズ。
前にネットニュースかなにかで流れてましたっけ。

IMG_6321.JPG

ディスプレイのターンテーブルかっけえ。
単体かったとき用にディスプレイ用に無稼働の車輪パーツかなんかつかないのかな。

IMG_6326.JPG

ナノゲージのジオラマも。ここには子供が常に張り付いてる感じでした。
この角度からみるとピラミッドにみえるものがありますがNERVの基地でもなく清水寺ですかね。

IMG_6332.JPG

ですね。

IMG_6327.JPG

DXシリーズも4点展示されていました。
絶賛販売中のノイシュバンシュタイン城、サグラダファミリア。今月発売の五重塔と来月発売タージマハル。

IMG_6336.JPG

タージマハルいいですな。

IMG_6354.JPG

展示はざっと以上でした。
SNSフォローすると(してるの見せると)プレゼントもらえました。
レア色クリアパーツセット。

さて、今年分は以上なのですが、実は去年もいっていたものの記事にしてなかったので、さささっと写真だけ。

IMG_5404.JPG
IMG_5475.JPG
IMG_5468.JPG

といったところで今回はここまで。
来年も今年並かそれ以上の感じだといいですね!

あけましておめでとうございます

170101.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします!

ナノブロック アンバサダープログラム 第7弾企画

IMG_0005.JPG

アンバサダープログラムの第7弾、「ディスプレ−アームを使って広がるナノブロックの世界を体験!」に当選しまして色々到着しました。
ミニセットの組み合わせは3パターンあるようで、ワタクシのところに届いたのはこの宇宙セット。ディスプレイアームつかうのにピッタリなものですね。

IMG_0007.JPG

まずは早速ディスプレイアームから・・・む、ネジやらはいってる。ドライバーでの組み立てがいるようです。

IMG_0012.JPG

こんな感じのと

IMG_0015.JPG

こんな感じのの2種類を4つずつ。

IMG_0018.jpg

そして次はベース部分。

IMG_0019.JPG

これは差し込むだけで、2つ。

IMG_0020.JPG

この各パーツを組み合わせれば

IMG_0025.JPG

ディスプレイアームの完成です。

IMG_0028.JPG

これがあれば空を飛ぶことだってできる。湖の水を飲み干すことはできなさそう。水でなく酒だったらあるいは。

IMG_0030.JPG
IMG_0033.JPG

確かに飛ばす感じのディスプレイにはよさそう。

IMG_0035.JPG

アームの曲がる角度はほぼ90度。(可動範囲は180度)もうちょい欲しく感じるところですが、多分これ以上だと重さで保持できなくなったりの弊害がでてくるのとおもわれます。

IMG_0041.JPG

おっと、アームだけで遊んでないでミニキットも。宇宙飛行士と太陽観測衛星。

IMG_0049.JPG

さくっと組みたてます。

IMG_0061.JPG

こっちも。クリアパーツで腰かけ状態になってるけど、実はアーム使うの前提なんじゃなかろうか。

IMG_0070.JPG

ディスプレイアームをつかって。やっぱり「くの字」にすると浮遊感でますね。

IMG_0065.jpg

いろいろ出来そう。

IMG_0087.JPG

というわけでディスプレイアーム紹介でした。
いやこれなかなか使えそう。アーム二つ組み合わせれば90度以上とかもなんとでもなるし。

IMG_0045.JPG

『第1回ナノブロック作品展』

nbex16.jpg

このたび、nanoblock好きでグループ展を開催することになりましたっ。
 
[日時]
2016年 9月10日 (土) 11:00〜19:00
9月11日 (日) 11:00〜17:30
 
[場所]
東京 池袋 オレンジギャラリー
 
[詳細]
http://hom2yant.80code.com/exhibition/?lang=ja
 
※ナノブロックファンのオリジナル作品展です。株式会社カワダとは無関係です。
※入場料無料。作品の販売は一切ございません。

展示品は全て個人蔵のものなのでなかなか実物見れるめったにないチャンス!
ぜひぜひ。

あ、ワタクシも参加させていただいております。

ナノブロックAWARD2016

ようやくnanoblockAWARDが開催されました!
 
nanoblockAWARD2016」と年をまたがず単年表記です。わかりやすい。
エントリーはサイトから登録・ログインする形で、受付期間は4/1 13:00~6/20 23:59まで。
もう開催中で、既に続々と力作がエントリーされています。今回は発表まで非公開でのエントリーもできる模様。
審査発表は8月にサイトにてのようです。
 
今年は
nanoblock+部門:ナノブロックプラスで何ができる?
前回から開催のプラス部門。
 
Under 200pcs:限られたブロック数で何ができる?
恒例200ピース以下部門。毎回激戦が繰り広げられています。
 
No limite:ナノブロックの限界にチャレンジ!!
こちらも恒例、無制限部門。
毎年、圧巻の作品が応募されています。
 
以上、3部門の模様。追加ないのかな?
モーション部門なくなったのは残念。
 
今回は達人が別枠となっています。入賞の可能性アップ?
また、特別賞がいくつかあるようです。こちらは全部門より選ばれるようなので、達人と競いたい人はこちらを狙うのもありやいなや。
 
詳細ページ
nanoblockAWARD2016

HOME